私は中学生の時より地域おこしに関心があり、

19歳の時に単身で首都圏から幌延町問寒別西地区という人口9人の過疎集落に移住しました。

この問寒別地域には少子高齢化を始めとする、様々な問題があります。

しかし、私は持続的な地域の発展を考えたときに、

ただ移住者を増やし人口を維持するというシステムでは厳しいと感じました。

何より移住者希望者自体少ないですし、人は便利な生活を望むものです。

田舎といっても東京近郊の山梨や長野と違い、ここはハードルが高すぎます。

仕事もかなり限られています。

だからこそ、人口の維持や増加だけを地域の発展と定義づけるのではなく、

事業を通じて交流人口の増加や経済効果などの観点から地域を発展させられないかと考えました。

私たちはこれからもっと事業の幅を広げていきます。

この地域から少しでもお金の動きをかえたりできたら面白いんじゃないか?

そう。私たちは「オモシロイ」ことを通じて地域を「オモシロク」する団体です。

どうぞよろしくお願いいたします。

オーナー経歴

1999年 千葉県生まれ

2018年 千葉県から幌延町問寒別地区に移住。ゲストハウス「ウタラといかん」を開業。

「社会事業団ウタラ」オーナーとして、各種事業を通し地域おこしを目指している。

Our Business

持続可能な地域社会の構築を図るべく、
多角的な事業展開によって地域経済を刺激し、
ひいては都市と地方との経済バランスを保つための一端を得るべく、
常に社会情勢に目を光らせ、
幅広い世代の知見を取り入れる。

ゲストハウス事業

近年注目を集めつつある「秘境駅」。

その宝庫である宗谷本線、

およびトップクラスの人気を誇る「糠南駅」至近で

ゲストハウスを運営しております。

秘境駅めぐりの方をはじめ、

この地を訪れる方に宿泊サービスに加え

地域と連携した諸サービスを提供することで

交流人口の拡大の一助となる事を目指しています。

バーチャルオフィス事業

近年高まりつつあるESG経営等を踏まえ

バーチャルオフィス事業を通し、

ビジネスに必須な「住所」を通した

社会貢献のお手伝いを致しております。

テレワーク需要の高まり等を踏まえ

コワーキングスペース等の運営も検討しており

新しい働き方や価値観、経営思想に寄り添った

事業を展開してまいります。

裏オーナー

しじみ(左)&ポン太(右)

Shijimi & Ponta

ウタラといかんの影の支配猫。

冬になるとストーブの前で伸びます。

会いに来てね。待ってるにゃ。

連絡先・支援のお願い

社会事業団ウタラ

代表:阿部 由裕 (ABE, Yoshimichi)

TEL:080-8433-2194
住所:北海道天塩郡幌延町問寒別127-11

ウタラでは収益事業を通じて地域の経済的発展への寄与を目指しています。ご支援いただけますと幸いです。

稚内信用金庫幌延支店 普通 1013634 アベヨシミチ

用途:空き家の改修・民泊の家具寝具購入